Yu Harumi, PhD - Licensed Psychologist (License #35031)
RSS

Recent Posts

一年の計は元旦にあり

Categories

日本語ブログ
powered by

My Blog

一年の計は元旦にあり

日本では「一年の計は元旦にあり」という諺があり、人によっては一年の目標を書き初めする習慣がありますが、ここアメリカでも「New Year’s Resolution」(新年の誓い)という形でいろいろな目標を立てるというのは決して珍しいことではありません。この時期、スポーツジムが「今年は絶対やせるぞ!」という人たちで混み合うことが多いのもこの「New Year’s Resolution」が大きく影響していると言えるでしょう。私のオフィスでこの時期「カウンセリングを受けたい」という人たちからの問い合わせが増えるのも「今年は心の健康を維持したい」「今年こそは心の悩みから解放されたい」という「New Year’s Resolution」からなのかもしれません。この「目標を立てる」という作業は私が行っている心理カウンセリングでも非常に大切な部分で、私のオフィスに来る相談者の方たちとの会話でも必ずと言っていいほど挙がってきます。ということで今回は私の心理士としての体験をもとにした「一年の計を上手に立てるコツ」についてお話したいと思います。結論から申し上げると、皆さんが「新年の誓い」を達成できるかどうかは、皆さんの目標が「Specific」「Concrete」「Realistic」の3つの要素を満たしているかどうかがカギなのではと思います。
Website Builder provided by  Vistaprint